閉じる

センターについて

計算機と自然の
新しい関係性を探求

私達は、物理世界とデータ世界の循環による新しい自然への思想的・技術的・デザイン的な探求は、持続可能性を必然的に意識しなくてはならない現代において重要な意味を持つと信じています。
デジタルネイチャーの到来を見据え、価値創造と次世代の人材育成に力を入れるべき、そう考えています。

筑波大学には情報工学分野のみならず、文化・芸術・スポーツ分野の研究者が多く所属しているため、デジタルネイチャーに纏わる研究開発を進めるには大きなポテンシャルがあります。
そこで、人に纏わる情報工学研究を軸としながら、計算機と自然の新しい関係性について、文化・芸術・スポーツ分野に展開し推進すべく、2020年に「デジタルネイチャー開発研究センター」を立ち上げました。

サポーター

筑波大
持続可能なデジタルと自然へ向けた開発研究と人材育成に支援を

寄附総額 11,635,000円

サポータークレジット(敬称略)

お問い合わせ

右記の各メールアドレスまでご連絡をお願いします。

大学宛

〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2 デジタルネイチャー開発研究センター

contact<-at->digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp

※ <-at->を@に置き換えてください.

見学希望・進学・就職・取材・共同研究のお問い合わせ

contact<-at->digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp

※ <-at->を@に置き換えてください.

アクセス

所在地

〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2 デジタルネイチャー開発研究センター

センターへの見学および訪問の際は事前にアポイントメントをお取りください.

急にお越しいただいても対応いたしかねます.

Page Top
close